よいおとしを 

_MG_9406

僕はこれから帰省です。長く実家に留まるわけですが、最初こそ久しぶりでうれしいものですが、2,3日もたてば僕も両親も飽きます。きっと両親はお小言をいいはじめ、僕はお小言を言われるような事を始めます。とはいえ家族みんなが集まる機会はなかなかありませんし、良いものです。

毎年恒例の家族集合正月写真に、今年は兄貴の嫁さんが参加します。このために少しスケジュール調整してくれたみたいで、ありがたい。うれしい。

 

ジョセフ・クーデルカ Josef Koudelka

_MG_9403

国立近代美術館でやっているクーデルカの写真展にいってきました。写真学校に通っていたころはヨセフ・クーデルカと呼んでいました。ジョセフのほうが一般的なんでしょうか。

ギャラリートークに参加して、学生時代以来ずっと大きな勘違いをしていたことを教えられました。図録にも載っていない裏話。主任研究員の方が教えてくれました。

プラハの春。腕時計。まさかクーデルカ本人の腕ではなかったとは・・・・。

「かのブレッソンだって僕の腕だと思っていたんだ。気にすることは無い」

図録の後書きがもう修正の効かない段階のとき、主任研究員の方は本人に教えられたそうです。図録には本人の腕と記載されているようですね。(未確認です)

ジプシーズ、やっぱりよかった!学生のころから大好きです。近年の仕事、カオスは写真集も持っているのですが、展示サイズが素晴らしく大きい。是非行ってみて下さい。1月13日まで。

 

 

関東平野も降雪か

_MG_9417

明日は上空に寒気が入り込むんでしょうか。地表付近は5℃くらいはあるようですが、積雪の可能性があるとか。

寒くなってきましたね。寝ていても肩口がスースーします。近頃は朝起きるのも嫌々という感じ。

ギャラリーへ行く

IMG_9087_2

田町駅から歩いて7分くらいのところ、PhotoGalleryInternational。PGIです。11月20日からやっている石井宏明氏の写真展「Strange garden」を見に行きました。

石井さんはおそらく僕を覚えていないでしょうが、僕はよく覚えています。石井さんが仕事で利用していたスタジオに僕が勤めていたのです。よく彼のスタジオ当番を希望していました。

仕事中の石井さんはとにかく寡黙だった。じっとブツと向き合い、観察し、シンプルなライトで写真を作る。派手さは無かったけれど、一枚目のポラから完成度の高い撮影をする方でした。僕がお手伝いをした撮影のほぼ全てはライト一発とおこしでやってのけていました。

スタジオマンのころ作品撮りで彼のマネをしてみましたが、どうにも上手くいかなかったことを覚えています。

「Strange garden」は、真摯に、時間をかけ、時には病的なまでに被写体を観察して生まれた、僕にとってはこの上なく石井さんらしい写真でした。

残念ながら僕が訪れた日に石井さんはいらっしゃらなかった。是非お話をしたかった。

とは言いつつもあの寡黙な石井さん、いらしたとしても僕の話をしたい気持ちだけが空回りしてしまったことでしょう。でも会いたかったなぁ。

 

ひこうき雲

IMG_9162_2
そらにーあこがれてー

洗濯物干そうと窓を開けたらひこうき雲。ちょっといい気分だった。

来年、暖かくなったら山へ行こうと、友人から誘いがありました。実際、最初に誘ったのは僕なんです。登山靴まで買わせました。なのに、タイミングを逃し、忘れ、現在に至ります。申し訳ない。

高いところは苦手だということで、高度感の無い山道を選ぼうと思います。本当にごめんなさい。

レイアウトお直し

IMG_9110mono

レイアウト直りました。めったにいじらないので、とにかく忘れる。たったあれだけのことを直すのに
一晩中インターネットとにらめっこしてました。
wordpress twenty ten 幅とかで検索かけるんですね。そもそもはいじったものをバックアップとっておけば
いいんです。この度からそのようにいたします。

 

 

 

あっという間に師走でした。生きております。

IMG_9113
ブログの更新、やる気起こらんなーと思っていたら師走になった。いつまで青いどんぐりがトップにあるのかという思いはあったのですが、やる気が出なかったんです。

兄貴や友人が結婚し、歯医者に通い、機材が壊れ、機材を買い足し、風邪を拗らせるってこういうことかっていう風邪を引き、新しい仕事をつかんだり、流れたり。

いきなり話はすっ飛びますが、国立新美術館へ行きました。日展を見に行ったんです。嫁さんの師匠が日本画で特選を取り、僕の名刺の字を書いてくだすった先生、図録のお仕事をいただいた先生など、顔見知りの書の作品もいくつか見ることが出来ました。眩暈がするほど大量の作品が展示されており、とてもその全てに目を通すことは適いません。流し見て、気になった作品の前で足を止める。そういう展覧会でした。絵にも書にも造詣浅く、素敵だと想う以外に取り立てて感想も書けずにすみません。

去年行った時は気がつかなかったのですが、日展は身元を明らかにすれば写真撮影が可能なんですね。土日祝日など、混み合う日はダメ。ストロボもダメ。ある程度の制約はあるにしろ、展示作品に向けて堂々とカメラを向けてかまわない展覧会は珍しく感じました。個人的には嫌でしたけどね。作品にカメラを向けている人の前はやはり歩きにくいもので、鑑賞の妨げと感じました。

その後ミッドタウンでお昼を頂きました。フォーとカレー。美味しかった。ウィンドウショッピングもしましたが、あまり盛り上がりませんでした。ユニクロはどこにでもあるんだな、と思いました。

wordpressの更新をうっかり間違えまして、ただいまレイアウトが狂っています。すぐに直します。見苦しくて申し訳ありません。