城ヶ島

ちょっと前の話なのですが、夏の盛りに三浦半島の先端・城ヶ島に行きました。家族旅行です。三浦半島の西側は富士山が良く見えます。昼間海岸線から見た富士山は雲を大量にまとって少し鬱陶しそうにしていました。しかし、宿泊したホテルから見た夕景の富士山は素敵でした。不思議な青い光の帯を見ましたが、ホテルの仲居さんは「わりとよく見る光景ですね」と少々つれないお返事でした。地形的にああいう光になりやすいのかもしれません。翌日、朝日を浴びた富士が綺麗に見えるかと早起きしましたが、霞のかなたでした。

ひどく暑かったのを覚えているのですが、今日散歩に出かけてみると外は秋の空気。あの茹だる様な暑さは頭で覚えていても、実感としてはすでに忘れてしまっていました。秋の空の雲を眺めて思い出した、夏のこと。

 

八ヶ岳

先日八ヶ岳に行ってきました。八ヶ岳連峰最高峰・赤岳のてっぺんを踏んで帰ってきました。並みの登山者なら一泊すれば3つほどの峰は巡るものらしいですが、僕らは登山者というよりは観光客。これで精一杯です。

天候にはあまり恵まれませんでした。全身雨具に身を包んで、濃い霧に包まれた赤岳を目指しました。山頂は完全にホワイトアウト。人の撮影なんかは綺麗に出来るんじゃないでしょうか。景色が見えないことは残念でした。
下山中に少し霧が晴れてきたので、観光客としてはそれが救いだったでしょうか。前夜に宿泊した行者小屋や、阿弥陀岳・横岳が綺麗に見えました。

行者小屋は快適な山小屋でした。一泊二食付き9000円は高いと思いますが、それゆえの快適さはありました。設備といい小屋の人の親切さといい。サービスをもっと削ってリーズナブルにして欲しいところです。山の中で麓の民宿のようなサービスは過剰だと思います。※意見には個人差があります。